楽天アマゾンより最安値でお得に購入

楽天アマゾンより最安値でお得に購入はこちら

茨木市連合自治会|防災・防犯対策室|防災用品の備え!goo茨木市

茨木市連合自治会|防災部地震対策本部「防災グッズのすすめ」自治会の防災対策とは

防災の日(ぼうさいのひ)9月1日

9月1日の日付は、1923年(対象12年)9月1日に発生した関東大震災に因んだものである。

11月5日は、津波防災の日『内閣府』津波防災ひろめ隊サイト

日本の災害法制について
日本の災害法制は、災害対策基本法に基づき災害の初期対応は市町村区が責任を負うことと規定している。
市町村は、
・関係機関や住民に災害の通知をする責務
・避難勧告や避難指示、警戒区域の設置を行う権限
・災害拡大防止のために物件を取り壊すよう要求する権限
都道府県は、市町村区の後方支援や調整を担い市町村区が機能不能の際は、その代行処置が認められている。
国は、都道府県や市町村区の更なる後方支援を担う

ゆえに災害時には、市町村区の市町村区長を災害対策本部長とし、災害対応の司令塔の役割を担う

あなたご自身・ご家庭や隣近所・自治会での備えは、万全ですか!?
「自助」自分自身で対応・「共助」近所/自治会/連合自治会での最低限の備えを

自助・共助レベルで推奨セット↓↓↓公式サイトで詳細確認

その備え本当に必要ですか?必要です・・・個人・家族・自治会の意識の問題です。



自助・共助・公助
『災害時の対応は主体の違いにより、自ら対応する「自助」、ご近所などの共同体で助け合う「共助」、消防や自治体に助けてもらう「公助」の3つに区分することができる。市民と行政の役割分担が強化された現代では、日常生活で行政に依存する部分があり、災害時にもこの延長として市民は「公助」が機能することを期待する。しかし、ある調査で災害時には自助 : 共助 : 公助の割合が7 : 2 : 1になると報告されているように、災害時には「公助」は限定的にしか機能しないうえ、災害が深刻であるほど「公助」の機能は低下する。特に瞬時に大量の被災者が生じる地震の場合は顕著である。
例えば、阪神・淡路大震災では家屋などの下敷きとなった16万4千人のうち、12万9千人(8割)が自力で脱出、2万7千人(16%)は近隣住民が救出、7,900人は警察・消防・自衛隊が救出したが、近隣住民により救出された人は約8割が生存していたのに対し、警察等により救出された人の生存率は到着時間がかかった影響で約50%に留まっている。そのため、「自助」「共助」の重要性は高い。
共助には、ご近所同士のように目に見えて組織化されていないものと、消防団や水防団、自主防災組織のように組織化されているものとがある。』Wikipediaより引用

大阪府で一番「共助」意識の高い街「岸和田」

岸和田だんじり
岸和田だんじり祭り-岸和田市公式ウェブサイトより

『「だんじり祭り」のはじまり、(五穀豊穣)祈願し、行った稲荷祭がその始まりと伝えられています。

しかし、歴史は流れ・・・

昔は、穀物がたくさん取れるよう祈願したお祭りでしたが、今は社会の構造も様子も変わってきました。収穫をともに願い、祝うといったことからはじまった一年に一度の祭りは時代がかわり、社会が変わる中にあっても、人々の気持ちの根本に流れる「地域」を結びつける精神は、ずっと、つながってきています。』

300年の歴史がありなかなか真似できないが「地域」「隣近所」を結びつける精神と言う面で非常に良い参考例だと思います。災害・福祉(高齢化)・防犯といった各自治会、市町村の理想的な姿だと思います。岸和田市の司令系統は、この「だんじり祭り」により高い「共助」意識の高い街になっていると感じます。

阪神・淡路大震災で最も怖かった火災
ブレーカー遮断装置が今、売れている理由

阪神淡路大震災の火災の原因の6割が通電火災による被害と言われております。 通電火災の主な原因は ・倒れてきた家具などでコードが断線 ・コンセントに水がこぼれた所に漏電 ・地震でカーテンがストーブにかかってしまって火災 ・ガス漏れが発生しているところに通電して発火等・・・ 通電火災の原因も状況によって様々。 家も命までも奪ってしまう通電火災を防ぐために、一番有効なのは ”ブレーカーを落とすこと” しかし、大地震のパニックの中落ち着いてブレーカーを落とすことが可能でしょうか? スイッチ断ボールは、どんな状況でも、ブレーカーを自動で遮断します!

何故、通電火災が怖いのでしょうか?何故ブレーカーを落とすのか?

阪神淡路大震災の火災が原因で6割の被害とは!?

ガスはガス会社の安全確認後の復旧なのに電気は、電気会社の安全確認無しで通電再開!!

一般家庭で火災の原因であるガスと電気の違いについて説明します。
「ガス」危険度の高いガスは、震度の高い揺れが来ると自動的に安全装置が働きます。その復旧には、ガス会社が安全点検を行い安全確認後人為的に復旧します。
「電気」危険度は非常に高いがそれ以上に人間の心理的(※1。不安解消)に復旧をいちはやく求められるのです。それゆえにある程度震度が落ち着くと自動的に復旧するため安全装置の役割のブレーカーが落ちていないと断線等の電気線の不具合を未確認の状態で再通電されショートなどにより火災が発生するのである。(※1.電話・テレビ等の情報がいちはやく必要になるため)

体験型防災学習施設 大阪市立阿倍野防災センター

   

 - 未分類, 茨木市 , , ,