楽天アマゾンより最安値でお得に購入

楽天アマゾンより最安値でお得に購入はこちら

日本酒|オバマ‟獺祭”これ何て読む?日本酒口コミランキング山口県!

日本酒シーズン到来!日本酒にランキングなんてあり得ない!?10.000円前後なら美味しくて当たりまえ、アベノミクスでお馴染みの安倍首相の山口県の代表するお酒【獺祭】山口県がダサイのか!!
オバマ大統領が来日した時のお見上げがこれ、旭酒造株式會社の製造する獺祭【だっさい】ここ数年、日本酒の口コミいやランキングで必ず上位にくるこのお酒『確かに旨い』しかし、この獺祭(だっさい)だけでもピンからキリまで種類がある。

名前が走れば獺祭と言うだけで大人気、売れに売れまくっているようだ

一時の「十四代」「越乃寒梅」「久保田の万寿」「池田の呉春」「灘の酒」などの銘酒を抑え名前が走っているようだ。これぞアベノミクスの経済効果のようにも思えるが「獺祭だっさい遠心分離2割3分」については、もはや日本酒とは呼べない・・・

突然ですが私の好きなお酒をご紹介します・・・

普段呑みのお酒

菊政ピン1.000円程度です。淡麗でシャープな辛口!セレブな後輩ノブ君に『それウチの料理酒です』と驚かれました!!しかし、このクラスのお酒を毎日飲んでいいると酒の味がわかる。

プレミアムベスト3(お正月限定の楽しみで毎年種類を変えて呑みます)

①獺祭(だっさい)遠心分離2割3分  旭酒造株式会社(山口県)
・日本酒の域を超えている感じフルーティーなワイン感覚

楽天最安値参考価格と口コミ

[山口県] 旭酒造 獺祭 純米大吟醸 磨き二割三分 1800ml【箱なし】【獺祭☆正規特約店/正規価格販売】

価格:10,286円
(2016/9/25 02:19時点)
感想(26件)


②久保田 萬壽(まんじゅ)     朝日酒造株式会社(新潟県)
・一度限りのはずが何度でもリピートしてしまうフルーティーなお酒

楽天最安値参考価格と口コミ

(2016年9月製造日)久保田 萬寿 純米大吟醸 1800ml【宅配用の破損防止材も無料です。】 久保田 萬寿 久保田 万寿 日本酒 還暦祝い お酒 日本酒 新潟 お土産 セット 久保田 朝日酒造 酒 ギフト 日本酒 日本酒 大吟醸酒 日本酒 獺祭 お酒 お歳暮 久保田 お中元

価格:8,899円
(2016/9/25 02:12時点)
感想(220件)


③十四代 極上諸白(もろはく)   高木酒造株式会社(山形県)
・720mlで15.000円なのでご注意くさい。1度限りでなかなか買えない・・フルーティーな地酒感

楽天最安値参考価格と口コミ

十四代 極上諸白純米大吟醸 720ml2016年8月製造分

価格:24,800円
(2016/9/25 02:22時点)
感想(1件)

≪豆知識≫

日本酒の選び方で重要なのは、名前や金額ではない~呑み方により「辛口」「甘口」や「冷」「燗」でぜんぜん好みが変わるからである。基本的には、冷(ひや)で味わってほしいものですが燗(かん)で味わいがでるお酒もある。

美味しい日本酒のスタートは、ここから・・・

山田錦は昭和11年に兵庫県で開発され、現在も7割以上が兵庫県内で生産されている。穂が高い山田錦は風水害に弱いため栽培が難しく、簡単には増産できない。

≪日本酒の来客用・プレゼント・贈答品におすすめ≫

%e6%97%a5%e6%9c%ac%e9%85%92%e3%82%ab%e3%82%bf%e3%83%ad%e3%82%b0

①渓流 朝しぼり  株式会社遠藤酒造場(長野県) ロックで飲むお酒!!面白いので飲みました~素晴らしい
☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟
【日本酒ギフト.com】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2016年モンドセレクション金賞&iTQi最優秀味覚賞受賞蔵より直送の日本酒ギフト
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
モンドセレクション金賞受賞(12年連続)蔵よりおいしい日本酒を全国へお届け!
ギフト取り扱い件数・500,000件以上!日本酒ギフト.comの日本酒ギフト。

②梵 艶(つや)      佐野屋酒造(福井県)

楽天最安値参考価格

梵 艶 純米大吟醸[1800ml 1.8リットル][加藤吉平商店]

価格:3,564円
(2016/9/25 02:40時点)
感想(0件)

価格の割にとても呑みやすい久保田や獺祭より少し香が強いがフルーティー~福井県と聞き失礼だが驚いた!

③白鹿 千年寿(せんねんじゅ)辰馬本家酒造株式会社(兵庫県)

楽天最安値参考価格

黒松白鹿 豪華千年壽 純米大吟醸 1800ml

価格:4,380円
(2016/9/25 02:44時点)
感想(0件)

贈答でもらってリピートしています~ようやく市場に出回るように~さすが灘の酒

日本酒 人気ランキングは楽天売り上げランクでチェック

酒は酒でも健康志向の方に話題沸騰中!アルコール0%!米糀からつくった甘酒(あまざけ)【マルコメ株式会社】

(1)毎日の栄養補給に! 赤ちゃんから年配者まで、安心して飲める栄養補給アイテムです。 飲む点滴と呼ばれるほど栄養価が高く、ブドウ糖によるエネルギー補給・夏場の熱中症対策にもおすすめの優れものです。

(2)アルコール0%、無加糖で安心! 「米糀」の分解酵素のチカラでお米のデンプンを糖化しています。 つまり自然のチカラだけでつくられた自然の甘さなのです。

(3)手軽に飲める! 夏は冷やして、冬はレンジでチンして。 手軽に飲めるのが魅力です。 アレンジもしやすいので、自分なりのレシピを考えるのも楽しいです。

(4)料理にも使える! 発酵食品なので、味噌、醤油、酢などとは特に相性が良いです。 砂糖の代わりに使えるかもしれません。

特に女性とこどもに人気のマルコメの甘酒詳しくは公式サイトで!
☝☝☝☝☝豆乳で割って飲むが流行中!!健康の食品に興味のある方必見です。

日本酒についてもっと知りたい方

日本酒と言えば、米の山田錦と水の綺麗さからはじまると言って過言ではない。

獺祭(だっさい)の旭酒造が値上げの際に公式サイトで発表した過去の記事を転載引用します・・・納得できました!

獺祭の蔵元|旭酒造株式会社~値上げのお願い~

伏してお願いさせていただきたいと思います。10月から一部商品の価 格を改定させていただきたいと思います。対象は50%精白の商品群と 遠心分離シリーズです。どちらも、原価割れを起こしていて、他の商 品の利益で補てんするという不健康な形になっていたので、それを是正するためです。

実は、昨年の春に価格改定をさせていただこうという事で一昨年の秋 から計画しておりました。しかし、一昨年末の私の「ほこ×たて」出演が巻き起こした嵐のような受注増とそれがもたらした供給不足によりその計画を一時棚上げせざるを得なくしました。それでなくても価 格改定は値上げ前に仮需要が起こり、品不足になりがちなのに、モノが無いとなると市場に

混乱が起こる、という事が懸念されるからです。
しかし、いつまでたっても供給の不足は解消されず、反対にさらに品 不足が加速している現状から、価格改定を決心した次第です。

今回の価格改定の中心になる「獺祭純米大吟醸50」についていえばこういう事です。
この「純米大吟醸50」は獺祭ブランドを立ち上げた20数年前の最初から造っている中核的な商品でした。最初は麹米を山田錦、掛米は日本 晴という普通の飯米を使い、価格が1.8リットルで2500円でした。 しかし、どうも酒質がピンとこなくて、この価格で何とかおさまる米 という事で、他の酒造好適米を色々使ってみました。
ある方に紹介されて三等の山田錦に出会ったとき、これだと思ったも のです。実は価格だけいえば、五百万石の特等より山田錦の三等のほ うが高いのですが、何といっても山田錦です。その価格差を補って余 りあると感じました。(あくまで新潟県産と兵庫県産の価格差です。 他県産は比較していません)

山田錦同士で比較しても、特に50%以上磨かない限り三等が上位等級 と比べて劣るとはほとんど感じない米質でした。 (勿論、注意深く精米するという条件付きです)
造りをオール山田にした事で酒のほうの品質も飛躍的に上がり「さす が山田錦」とその威力に驚いたものです。ある有名なカメラマンの方から「獺祭は磨き二割三分は良いけど、純米吟醸クラスは大したことないね」などと評されて、当たっているだけにがっくり来たりしていましたが、そんな言葉も聞かれなくなりました。最近は「おれは獺祭 の中では「50」が一番好き」などと言われる方もいるぐらい。(もっとも、この点についてはその後の杜氏から社員だけによる生産 体制への改変による効果も大きいと思います)

日本晴の価格と比べれば、たとえ三等といえども山田錦ははるかに高価ですが、オール山田の酒が持つなんとも言えないあの丸みは酒造り をする者として抗し難く、あの魅力を知ってしまうと、何としても自 社の酒はああでありたいと、強烈に思ってしまうのです。
ということで、あっちのコストを削り、こっちのコストも削り、さら に「もう少し売り上げが伸びればこのぐらいのスケールメリットが出る」などと、勝手に自分をだまして都合の良い原価計算を駆使して、 掛米は山田錦に変わっていきました。
ところが、問題は酒の生産数量がそれで止まればよかったわけですが、そうは問屋がおろしません。当時の旭酒造の全生産量は1000石程度。 使用米の総数量も4千俵。結果として「50」用の掛米に充当される三等米も1400俵程度あれば足りたのです。しかし、その後、ご存じのように弊社の出荷量は毎年伸びました。現在は一万石強。つまり全体としては4万俵、「50」用の掛け米も1万4千俵必要という事です。ところが、全国でも山田錦の三等米は大体1万俵程度しかないのではと推測しています。つまり全て山田錦にしてその数年後には三等米についていえば全く足りなくなってしまいました。 (これを将来予測の出来ない経営者といいます。反省。)

結果として、その頃から特・一等の山田錦も「50」に使用されることになりました。時には全国の酒蔵垂涎の的の特A山田の特上も。すると価格的に特等でも三等の7000円増しですから、必然的にコスト割れを起こします。特A山田の特上だと怖くて計算する気にもなりません。 その上、「50」はまだまだ伸びることが予想されますので、現在のようにその赤字分を他の商品の利益で補てんする体制は無理があります。その上、最近の私どもの「山田錦が足らない!!」という訴えを聞いて お分かりのように、良い酒を造るためには山田錦がほしい。そのため には農家の「やる気」は不可欠。そういう「やる気」のある農家は山 田錦の三等を捨て作りで作る気はありません。彼らは特や特上の山田 錦を目指す。反対に、そんな農家としかこれから肩を組んで行けない。(そこにこそ日本の農業の未来がある)

それなら、「50」も特・一等の山田錦で耐えられるコスト構造にしなければいけない。

そんな事で、価格改定は数年前から課題になっておりました。ところ が昨年春の価格改定を決心したところで、「ほこ×たて」以降の売り上げ急増による品不足のダッチロールに見舞われ価格改定どころではない状況になってしまいましたが、やっと決心したという次第です。

今回の価格改定は同時期に灘伏見の大手メーカーも値上げを発表しており、それを聞いた時「横並び値上げととられてまずいなぁ。」と感 じましたが、それでも価格改定を伏してお願いします背景は以上のような事です。

      2016/12/25

 - 日本酒 , , , , , , , , , , ,